文字サイズ

女性活躍支援拠点 京都ウィメンズベース

行政(京都府・京都市・京都労働局)と経済団体等が連携し、企業における女性活躍推進を支援しています。

株式会社クレバー

女性活躍推進・ワーク・ライフ・バランスの取組みについて

女性活躍・WLB 推進に取り組みはじめたきっかけ

長年、内装・インテリア業界に女性がもっと活躍してほしいと思っておりました。しかし、会社として受け入れる体制も整っていないことからなかなか進まないという状況にありました。現場で活躍しているのはほとんどが男性で、女性の比率はとても低いのが現実です。「職人」と聞いて思い浮かぶのは、やはり男社会というイメージです。

建設業界の人材不足の深刻化、多様化していくお客様のニーズに対応していくためにも、従来のイメージを払拭し、男性だけでなく、女性が活躍できる職場づくりを整える必要性を感じていました。インテリア商材を扱う会社として、住む人の立場に立った提案ができる、そして住む人のことを想像しながら仕事ができる職人であることをとても大切にしています。

われわれの使命は「インテリアを通し生活を楽しむ文化を提供する」ことだと社員に伝えています。 わたしたちが仕事そして生活を楽しみそれを伝えていくこと、まさにワーク・ライフ・バランスの充実だと思います。

使命実現に向けてワーク・ライフ・バランスという考え方に向き合うことは、お客様の生活空間を作り出す仕事をしている私たちにとって、さらに質の高い仕事をしていくためには必要不可欠なものだといえます。

 

具体的な取り組み内容

弊社が目指すのは全ての社員がそれぞれの得意分野で責任感とやりがいを兼ね備えたスペシャリストになり、リーダーシップを発揮し活躍できる会社です。そのためにもすべての社員がキャリアをとめてしまうことがないように、働き続けやすい環境づくりとして、以下のことに取り組みました。

  • ステップアップ制度の導入

2017年より技術力だけでなく職人としての資質を高められるよう、マナー・準備作業・作業手順・技能の4カテゴリー(項目数は約 200 ほど)からなるオリジナル評価シートをもとに年に2回査定し、その評価ランクが給与に反映する仕組みとなっています。どこができてないかを明確にすることで未経験の方でもしっかりと職人として活躍できるように能力やモチベーション向上のために取り入れています。

  • キャリア形成支援制度の導入

資格取得支援制度、キャリアコンサルティング制度を導入し、個人のキャリア形成支援をしています。

  • 多様な勤務体系

これまでずっとパート採用はなかったのですが、多様な働き方の必要性も考え、
2017年から時短勤務の働き方を取り入れました。

  • 京都府主催の女性社員研修の参加

女性社員自身のキャリアアップに向け、各種研修受講を積極的に参加しています。
また、男性管理職向けの研修も初めて参加しました。
対外的な交流を通し視野を広め学ぶことで、個人のスキルアップを勧めています。

  • 企画会議の発足

普段、現場に出ている若手職人を含む女性たちが月に2回定期的に集まり、会社にとって必要なことや足りていないものを考え、実際に行動・実現していくための会議を行っています。これまで、求人者に対する壁紙教室の実施や半年に1回発行するクレバー通信の作成など発信力の強化につながっています。

  • 業務マニュアルの作成

どうしても現場に出られない方が出てきたときには内勤として働けるように、業務のマニュアル作成に取り組んでいます。
業務を細分化し「見える化」することによって、分担することでの業務効率化や指導時間の短縮にもつながり、多様な働き方の対応策として現在作成中です。

  • 社内にて女性向け研修会実施

初めての取り組みだったのですが、女性活躍・ワーク・ライフ・バランス推進マネージャーを講師に迎え、女性だけの研修会を実施しました。働き方や生き方など自分に合ったバランスの充実を高める認識を共有することができ、今後自分が理想とするワーク・ライフ・バランスを考えるきっかけになりました。

 

取り組みによって生まれた良い変化

ここ数年は2名だった女性社員の割合が2016年には3名になり、翌年には1名増え、現在では計 5名の女性が活躍しています。そのうち2名は現場に出ているクロス職人です。女性も活躍できる職種であることを発信することで着実に職人のイメージも変わっています。

今後も壁紙は「建材」ではなく「インテリア」として部屋を彩るものだという考えのもと、人材育成だけでなく、新たなクロス職人の採用にも力をいれていく予定です。将来的には「壁紙専門の女性施工グループ」を作ることを目標にしています。女性ならではの作業の丁寧さや気遣い、対応の親しみやすさ、そして主婦と同じ目線を持つ安心感や感性を強みにした提案をし、その現場に女性クロス職人が貼りにいくというチームワークの実現を期待しています

 

継続する中で苦労された点、それを超えるために工夫されたこと

設立当初から従業員は男性ばかりが当たり前で女性雇用の経験の少なさ、ましてや産休・育休制度の前例がない中でのスタートだったので、なにからどう始めたらいいのかわからないという状況でした。しかし、女性活躍先進企業の講義に参加したり、社会保険労務士でもある女性活躍・ワーク・ライフ・バランス推進マネージャーから、様々な企業の取り組み事例や助言を聞いたり、一般事業主行動計画策定するなどして、少しずつカタチになってきました。

まだまだこれからではありますが、今後必要に応じた女性の労働環境の整備も含め、社員みんな長く安心して勤められる会社になっていけるよう、ご支援いただきながら進めていきます。

 

これから女性活躍推進・ワーク・ライフ・バランスに向けて取り組みを考えていきたいという企業様に向けて

女性が働きやすい環境をつくることで多様な働き方を生み出し、会社の発展にも大きくつながると考えます。女性の感性が必要な場面はどんな仕事においてもあると思います。

女性社員が活躍できるフィールドをつくり広げていくとともに、安心して働ける環境を整えていくことで、「キャリアを途切れさせない会社」をともに目指していきましょう。

株式会社クレバー

所在
〒616-8167
京都市右京区太秦 多藪町14-76
URL
https://clever-interior.com
創立
1994年
業種
内装仕上げ工事業
従業員数
13 名(男:8 名 女:5 名)