文字サイズ

女性活躍支援拠点 京都ウィメンズベース

行政(京都府・京都市・京都労働局)と経済団体等が連携し、企業における女性活躍推進を支援しています。

株式会社WiShip

女性活躍推進・ワークライフバランスの取組について

女性活躍推進の取組のきっかけ

最初のきっかけ

私自身が10数年前この学習塾業界に新卒として飛び込み、目の前の生徒・保護者と奮闘する日々を送る中で、ふと業界誌を読んだことがきっかけでした。業界誌を開いてみると、どのページをめくってもめくっても、そこには一線で活躍している「男性」しか載っていないことに大きな違和感を感じたんですね。当時、学習塾をゼロからの立ち上げるという環境であったため、組織内でも女性は自分ひとり。自分の10年後、20年後を想像しようにも、この業界内には、出産・子育てと両立しながら活躍している「ロールモデル」となる女性を見つけることは出来ませんでした。学習塾は、昼から夜の仕事という業態であるため、女性が結婚・出産をしても働き続けるにはハードルが高い業界であることは、理解できます。それでも、自分のようにこの教育の仕事をし続けたいという女性はきっといるだろうし、男性だけでなく、女性もキャリアを積み、その経験を現場に活かすことは業界の発展においても絶対に必要だという想いもありました。でもどうすれば・・・その悶々とした想いを上司である社長の岡田に打ち明けたところ、『ロールモデル』がいないのなら、まずは貴女がその『モデル』になればいい。」と言われました。なるほど、確かに。この言葉に背中を押され、まずは自分自身が、女性としてこの業界で活躍する人材になるという目標を持ち、歩むことを決意しました。

武田常務取締役にお聞きしました!

仕事を続けていく中で見えてきたこと

おかげさまで、地域一番の生徒数を集める学習塾として業界誌からの取材や、教室運営・業績向上についての講演の機会をいただくようになりました。露出が増えるに従い、他塾様よりご相談をいただく機会も増えていく中で、年を追うごとに増えてきたご相談が「自塾の女性社員の活躍」についてでした。お話を聞いていると、どこの塾にも優秀な女性社員の方がいて、「結婚や出産を考えるとしょうがないのかもしれないが、優秀な女性社員が長く続かない…」という経営者の方の悩み、「頑張って働きたいが、先がどうなるのか不安」という女性社員の方の悩みが浮き彫りになっていきました。
「この業界で活躍したい、働き続けたい女性社員のため、そしてその活躍を願う事業統括者や経営者の方々のために何かできることはないのか。」その想いに突き動かされ、具体的な行動を起こす決意をしたのが、この業界に入って8年目の夏でした。

具体的な取組

塾女研究会(塾で働く女性「塾女」を応援する会)の設立

2012年の夏、様々な塾様からのお悩みに応えたい想いで、塾で働く女性「塾女」を応援するための会、「塾女研究会」を設立しました。当研究会は学習塾・教育業界で働く女性たちの活躍をサポートすること、そして女性の活躍に期待を寄せる 経営者・統括の皆様と共に、女性も活躍し続けられる組織づくりを模索し、創出することを目的に設立しました。

  • 女性の「仕事人」としての意識向上
  • 数字意識・業績向上力の養成
  • 活躍する女性ロールモデルの紹介
  • 学習塾・教育業界のトレンド研究
  • 女性が活躍できる組織づくり研究

など、毎回テーマを決めて開催している当会の研究会には、全国から多くの優秀な塾女たちが集まり学んでいます。「どの研修に行っても男性ばかりだったから、女性だけで学べる機会は貴重」といったお声を多くいただいております。また、自塾の女性活躍を期待する経営者の方からも、「ぜひ参加させたい」というお声をいただき、現在も運営を続けております。塾の垣根をこえたつながり、学びあいの場に、それぞれが刺激を受け合い、そして学んだことや気づきを自塾に還元していってくれています。

自社の女性社員の現実と出産

塾女研究会を発足し、「出来れば結婚しても出産しても頑張ってくれたらいいのに…」と思う経営者の方々には、仮にそう思ったとしても女性自身がその気持ちを持たない限り、続けていくことは難しい現実があるということをお伝えしてきました。 経営者側・塾女側の双方で変化が必要な問題ではありますが、塾女の意識を変えることはとても大切なことだと考えながらも、現実には自社の優秀な女性社員もこれまでに数名退職していきました。結婚や出産というライフイベントがあったからではなく、漠然とした未来への不安や私自身のスタンスが影響していたのではと今は思います。発足当時の私は「活躍する=職位を上げて管理職になる」という、偏った「活躍像」を持っていました。実際には、それを望んでいる女性もいれば、そういう形ではない活躍の仕方・働き方を望んでいる女性もいることに気づいていませんでした。それがミスマッチを生み、「続けられない」という結果を作ったのだと思います。
そんな中、現場で活躍していた女性社員が出産することになりました。「産休・育休後に復帰したい(してほしい)」という双方の気持ちもあり、それを現実にすべく新部門の創設準備や復帰後の働き方を決める面談を数回行いました。どうすれば辞めずに続けられるのかをはじめて真剣にそして具体的に考えさせられた体験でした。その後、2015年に私自身が第 1 子を出産しました。出産して初めて感じた「時間的制約」と両立への不安。私自身が、仕事と子育てをどう両立していくかについて非常に悩まされ、初めて「仕事を辞めるか?」という迷いが頭によぎり、そんな自分に驚かされました。自分は絶対に迷わないと思っていたこと自体が傲慢だったかもしれませんが、その迷いが私に大きな影響を与えました。

辿りついたワークライフバランスと多様性への理解

大切な女性社員たちの退職や自身の出産を経て、女性の活躍支援を謳いながらも、自分自身の経験や考え方だけではこれ以上の広がりがないことに気づき、学ばなければという想いで、2015年に「ワークライフバランスコンサルタント養成講座」を受講しました。受講したのは、コンサルタント資格が欲しかったからではなく、「ワークライフバランス」への理解を深めることとそれを自社にどう活かすかを考えたかったからです。そこで学んだ経験は、私の視野をグンと広くしてくれたように感じました。初めて、多様な生き方と自社の発展を合わせて考えられるようになったからです。また、私だけでなく、出産して復帰した女性社員にも学んできてほしいという想いがあり、京都府の女性活躍支援事業のお力をお借りしました。数か月の研修の中で大きな気づきを得ることができた社員を見て、大変感謝しております。今後も機会があれば自社の社員にその学びの機会を持ってもらいたいと思っています。それらの経験を踏まえ、これから自社で実践していくことが、塾女研究会において、あるいはこの業界において、参考にしていただける事例になればと思っています。

女性社員に期待していること

これは男性社員についても言えることですが、全ての社員が「チームWiShip」にとって「必要不可欠」な人材になることを期待しています。自分の強みを活かすこと、そして足りないところは自己研鑽に励み向上していくことで、チームに貢献することが大切だと思っています。一生WiShipで頑張ってくれるのであればこれほど嬉しいことはないですが、それが叶わないこともあるでしょう。そんな時でも、「どこに行っても通用する人材」になってほしいと思います。チームに貢献できる力を磨くことが、会社においても自身のキャリアにおいても大切なことですから、常にステップアップしていく意識をもってほしいと思います。
また、結婚や出産あるいは親の介護など、ライフイベントが起きる時には、自分の[WANT]を臆せず相談してほしいと思います。自分はどうしたいのか、会社はどうするのか。まだまだ小さな会社ですし、1 人ひとりがロールモデルです。共に相談し、新しい道を見つけていく、その多様性の中に会社の発展があると思っていますから、まずは「声をあげてみる」「自分の WANT を伝えてみる」ということを大切にしてほしいですね。

京都府の女性活躍推進研修(京都女性リーダーズプロジェクト)を受講された松本さんにお聞きしました!

株式会社WiShip

松本さん

主なお仕事

● 個別指導学習塾の経営管理本部の総務・経理・人事

京都女性リーダーズプロジェクトを参加されて、ご自身の学びや気づき

昨年(2015年)は、育児休業より復帰をして1年目でした。子育てと仕事を両立することと、新しい部署に配属になったことへの漠然とした不安がありました。
そんな中、京都女性リーダーズプロジェクトに参加をさせていただき、私の人生観が変わりました。 子育てと仕事を両立しばりばりと働く方や、普段仕事ではお話をする機会が少ない業種の方たちと意見を交わすことにより、新しい考え方や視点を持つことができたと感じております。また、全部で 5 回開催された京都女性リーダーズプロジェクトのセミナー内では、自分のキャリアやリーダーシップについて、会社としてのチームビルディングについてなど、時間をとって自分と向き合えたことにより、改めて自身の課題や会社での働き方を明確にできました。

その後、社内で役に立っていること

私の仕事は、全体に情報や指示を発信したり、データの編集や管理したりすることが多いです。情報を発信するタイミングや方法、データの修正指示をどのように伝えるかを、情報の受け手がどのように感じるかまで、しっかりと思いをはせられるようになりました。 立場などが違えば同じ指示であっても、捉え方や理解の仕方はさまざまということを頭で分かっていても、忙しくなってくると私の都合で情報を発信してしまったりしていました。
しかし、チーム全体として考え仕事ができるようになったことは、京都女性プロジェクトリーダーで私の中の視点が広がったおかげだと思います。

会社への貢献、自身のキャリアアップに向けてこれからの想い

年間の仕事を通してみて、改めて指示を出し管理をする立場というのは、知識も必要ですし人間関係も構築できてい ないといけないですし、日々の業務以外にも必要なことがたくさんあると感じました。 今後、経営管理本部のリーダーとして仕事を任されるようになるために、日々の業務を流れるように過ごすのではなく、1つ1つの仕事に真摯に向き合い、知識と経験を積んでいきたいと思います。

武田常務取締役より

私自身がそうであったように、女性社員が活躍する上では、「上司の理解」というのは必要不可欠な要素であると思います。甘やかすという意味で、下手に女性を女性扱いしないようにすること、逆に女性脳と男性脳の違いは理解してコミュニケーションをとること、そして何よりも、「あなたの活躍を期待している」という発信をすることが重要だと思っています。女性活躍の先例が無い企業様であれば、制度を作らなきゃ!と躍起になる前にその当事者である女性社員と共に考えていけばいいと思います。
一方で女性社員の方々にも、会社任せにするのではなく、自分で制度を調べたり、どうすれば会社と自分が Win-Win の関係になれるのかを考えて行動・提案したりする姿勢を持ってほしいですね。女性活躍推進やワークライフバランスについては、塾業界はまだまだ未成熟だと思います。異業種の取り組みも大変参考になりますから、現在京都で行われているような推進事業の力を借りることも大いに役立つと思います。

株式会社WiShip

所在
〒607-8161
京都市山科区椥辻中在家町9-3
URL
http://www.wiship.jp
創立
2011年1月(開塾2004年)
業種
学習塾運営、学習塾コンサルタント
従業員数
15名